簡単に言えば、任意保険というものは強制保険である自賠責保険とは違い自賠責保険の範囲内で補えない補償を受ける凄く重要なものです。ハワイ旅行記&持ち物準備のコツ

この任意保険に関しては自賠責保険の上級保険という役割で機能しますので、自賠責保険でカバーできる支払いの限界を上回った場合に登場します。ハワイ旅行記

また、自賠責保険だけでは物的損害については補償を受けることができないので物に対する損害をカバーする時には任意保険に入ることをお勧めします。

現段階で任意保険の保険料を納付済みの車を廃車にする際は国内メーカーの自動車でも海外の車ということは例外なく、残金が返金されます。

これは日本の車を処分する場合でも同様です。

自賠責保険の場合、一般的には入ったままにしておくのが常識になっていますが任意保険というのは皆がかける保険ではありませんから契約解除をすることになります。

また任意保険を解約をすれば既に 納付済みの返戻金が返金されるということになります。

自動車の売買が成立したからといってすぐさま任意保険の契約を解約することはリスクが高いです。

勿論、早く契約解除すればその分返ってくる額は増加しますがもしも中古車店が離れた地域にあるため、自ら運転していくことになった際は、任意保険に加入していない状態で運転をする必要があります。

万が一のリスクを想定して、万が一にも今後自ら自動車の運転をしないという状況にするまで保険の解除手続きはすることのないようにする必要があります。

中古車を買い取ってもらってまたすぐに違う車両を買うのだったら良いですが仮にずっと乗らない状態が続いて任意保険に入っている意味がなくなってしまったらこのように任意保険に入っていない時がある場合前に続いていた任意保険の等級が下がるので、保険料の額が上がります。

そういった状況であれば「中断証明書」という書類を出してもらうようにすることが必要です。

この「中断証明書」で、10年まで遡って無保険になる前の等級を引き継ぐことができます。

これは13ヶ月以内ならば出してもらうことが可能ですので、現在売られていて「中断証明書」という書類を出されてもらっていない場合は、保険の提供元やその代理店に中断証明書を発行していないことをお伝えください。

仮にあなたが新しくクルマを購入して買った後に前に持っていた愛車を処分に出すのならば任意保険の契約は一方のみのとなります。

保険の更新になりますから、運転する予定のあるクルマの場合、引き取りの際まで注意しましょう。

さらに任意保険というのは車両で料金がかなり変わりますから買取のさいは任意保険を見直してみるタイミングにもなります。