外為初めての方が市場の重要なところを理解するにはまず最初に学習を積み上げていく事が大切です。未然に危機を察知できるようになるには、間違いをすることも体験のひとつです。もちろん、負けたといってもやり直しが効かないほど重大な失敗をする事は許されません。やり直しが効く負けを何度も積み重ねることが結果としてあなたの場数を増やす事が出来ます。こう考えると最初は少ない額で売り買いをして、それによっていくつか小さめのミスをすることが大切です。仮に、100万円しか投資に回すお金のない状況で、はじめから100万円を全て投入してトレードするとミスした時今後元に戻せない恐れがあります。そのため、たとえば10万円ずつ分けてトレードを行ない取引を重ねた方が、段々と負けを対応する手段なども覚えるはずです。最初に少額でエントリーする事の良い点は既出の通り、己の経験値を高めマイナスを管理する手段を習得していく事にありますが、それと合わせて、売買の回数を重ねる事で、不確実性を少なくできるという良いところもあります。想定として、1回限りのトレードで利益を上げられる確率が二分の一だと考えます。言い換えると、同じく50%の確率で損する危険性もあります。勝率5割ということは。半分半分の比率で勝利できる事を現しています。だけど、全ての投資資金を投資して1度のみの取引をするということは、100%の勝ちか、100%の負けかのいずれかになってしまいます。これではたんに賭け事と同じです。それは全ての財産をつぎ込んで1度だけしかエントリーしないとこれだけでは負ける確率が高くなってしまいます。これを避けるために、投資資金を全額つぎ込むのではなく、何度かに分けて、回数を増やす事がリスク分散となります。そして少しずつ分けたとしても、全てのトレードで勝つ事は不可欠ではありません。というか、勝てないのが実情です。取引で不可欠なのは、勝つ確率ではなく、いくらプラスに出来るかです。勝半5割でも例えば勝率が低くてもプラスにする事は出来ます。5割以上負けても損が小さければ、わずかな勝利の利益で上手に儲ける事が出来ます。そのために不可欠な事は、損を少なく、利益を大きくを心がけることだ。損益が出たら間髪を入れずロスカットしてそれとは反対に稼げる場合には出来るだけ大きく儲けることがFX取引をはじめたばかりの方がFX投資でプラスになるための手段です。