換金を目的にして電車等の乗車チケット等を大量購買してしまう・・・クレカ現金化サービスというもの使わないで利用者自らが現金化する目的でクレジットを使用することであっても同様です。現金に変えることを意図したクレカの使用であると、ルール違反扱いとなるため。多量の列車等の回数券・切手購入などでのクレジット利用は、換金する目的か、などという風にマークされる恐れがあるため、十分な注意が必要なのです。さらに、使用時にキャシング利用額の方が限度となってしまっているクレカのケースには電車のチケット等を決済することだけでもカード会社からチェックの電話が入るケースがあるのでお金がない時のカード使用については出来なくされてしまうと考えられます。経済的に窮している状況においてすることというのは大抵の場合同様なのだろう。クレジット発行会社にとって都合の悪い利用をする》少し前に話題に上がった『永久機関』など、発行会社に少しもメリットになり得ないような規約に反した使用方法をした場合には、カードの発行会社から没収となるケースというのも存在します。Web上に出回ったクレジットポイントの不正入手など知れ渡っていない秘密の方法というものが存在してもそんな方法というものは全部カードの規約に反することであるから使わないようにしてください。強制失効に関するカード情報については流通する)カードを強制没収させられてしまったとしても、違うクレジットカードであれば問題ないのだから、ひとつくらいであればいいでしょう?という風に思った人は現代の情報社会にあってはその思考が身を滅ぼすことになる危険性があるのです。そもそも強制没収扱いとなるような場合には、クレカの会社から閲覧可能な個人信用情報機関へ事故カード情報が通達されてしまうので強制退会された人の信用というものが急落するケースもあるのです。どこかたった1枚でさえもクレジットを没収となるとそれ以降クレジットであっても契約しづらくなるし、最悪別の契約しているカードを強制没収になる事態もあり得るのです。それは免れて継続利用できる場合も使用期限満了時に継続できなくなることになります。兎にも角にも何回も記載していますが没収になるほどの利用方法はどんな理由があってもしないように、クレジットカードをご使用頂きたいと願います。