中古車の買取査定のポイントとして重要性の高いところに走行距離が挙げられます。一般的に走行距離イコールマイカーの寿命とみなされることも多くありますので、実際の走行距離が長いだけ見積もりの際には欠点になるでしょう。一般的には走行距離は少ない方が車の査定額は高くなりますがあまり詳しい基準は存在しなく決められた目安で査定が行われます。こうしたことは実際に中古車を中古車買い取り専門店で見積りする時も重要視される留意点です。例えば普通車ですと年間走行距離1万キロを基準として10000km以上だと一般的に査定がマイナスになるのです。軽自動車の場合年間標準走行距離が8000kmがまた年式が古いのに走っている距離が短いとしても、査定金額が上がるとは限りません。本当にやってみるとたいへんよく感じられると思いますが車は適時走らせることによっても状態を維持することができるので、年式の割に走行距離が少ない車ですと、故障のリスクが大きいと判断されることもあるでしょう。これは中古車を売る際も同様です。一般的には年式や走行距離での見積査定の要点は、年式にたいして程よい走行距離であるかということです。次にその自動車の年式なども、車の査定の小さくない要点です。しっかり理解しているんだといったかたも多数だと考えていますが、通常は年式に関しては新しいほど買取査定では高評価が出やすいのですが例外的にその年式の車に希少価値があるものは、新しくない年式の車でも高額で見積してもらえることもあります。同様もので同様の年式であったとしても、その年式の中でマイナーチェンジやモデルチェンジなどが発表されている車はもちろんそれぞれの仕様によって買取額は違ってきます。同様の中古車を手放す金額というような場合でも色々な要素が重なって評価は多少変わってきます。