実際にノートパソコンのディスプレイの前に座って、休むことなく上下動している為替レートを見ると、何やら取引をしなければならない衝動に駆られる状況も少なくないだろう。だけど、漠然とした思いで取引するのだけは、間違ってもしてはいけませんご覧の通り、為替相場は年中、休みなくいずれかで為替市場は動いているし為替相場も、変動しています。そうであっても、頻繁にエントリーをしているとその分損をする可能性が高まってしまう。当然、売り買いの数を積む事で、少しずつ利益を上げられる確率が五分五分になっていきます。けれどもこれは「なんだか分からない直感で売買」することとは別問題です。売り買いの回数を積み重ねる意味というのは自分で「ここは勝てる」と思いついた勝算を持った場面での売り買いの回数を積み重ねるという意味です。ただ、絶え間なく売買を積み重ねるのとはかなり違う。相場の駆け引きに勝つためには、自ずからけじめをつけることが必要です。「ここは勝てる」と考えた外国為替市場の時には、いっそ所有ポジションを買い増して意識して儲けを追求します。「かなり分からない外国為替相場でどう動くのか予想できないな」と考えた時は、執着しないで所有ポジションをクローズして何もしません。そのくらいのメリハリがあったほうか、結果的に売買はうまくいくものだ。マーケットの名言には「休むも相場」というものがある。本当に言葉どおりだと感じます。相場とは、いかなる時でもポジションを保持する事が大事ではなく、どのポジションも所有せずじっとしていることも、外国為替相場です。では、どのタイミングで休む必要があるのでしょうか。最初に言われるのが前述の通り、直近の外国為替相場が明確に判断できない時です。今から高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時は、分からないまま行動すると、自身の作った台本とは逆の方向に外国為替市場が動いてしまい、損をする事になります。そんなケースではポジションを閉じ静観しているのが最善の策です。もうひとつは、健康状態がすぐれない時です。体の状態と相場に何の影響も与えないと思う人もいるだろうが。現実には大きくつながりがあります。体調が思わしくなければマーケットの大切なところで正しい決定をする事が難しくなります。気分が進まない時は、トレードから離れる事も大事なことだ。