今日は為替市場の本質的事柄についての説明です。為替取引というものは「自分で金銭の送金をしなくても金銭授受の趣旨を達成する取引」になります。概ね為替市場はあらかた外国為替を指すという事が大半です。外為とは二つの国の貨幣のやり取りのことです。外国旅行(韓国、マレーシア、アメリカ合衆国)などしたならばおそらく国際為替の体験をしたことがあるでしょう。近所の銀行に行って旅行先の貨幣へと取り替えをしたならばそれこそが国際の為替になると思います。為替の市場は、買う人と売る側の額を示すものです。銀行の取引の末に確定されるものです。その銀行がマーケットメイカーと言う指定のたくさんの銀行であります。為替レートは周囲の見えない力を受けながらも休まずリアルタイムに変わります。為替の相場を変動させて行く要因とはファンダメンタルズというものがあります。ファンダメンタルズというのは経済のゆくえ、経済の基盤とか様々な要素のことを表すものです。国ごとの経済成長や物価指数、金融緩和、貿易収支、無就業者数、重要人物の言葉と言ったものが関係して為替相場は変動し続けます。特に外国取引の収支と失業者数は重要ポイントなのです。経常収支というのは日本の組織でいう財務省よりの用命で日本銀行が輸出入統計を基に取りまとめた異国とのある期の取引を書いたものです。統計は行政機関や中央銀行のHPなどで確認することができます。就労者の統計・失業者の数も影響を与える場合が多い理由だと言われます。とりわけ米国の雇用統計は注目されます。月ごとに公示され検証ねらいが広範囲な点が特色です。為替の状況は国の経済の推移そのものです。その国の経済の変動を見ることにより為替の状況の先読みが可能となると言う結論です。